お店のコンセプト

 

  私は、2012年に卵巣癌を発症しました。ありがたい事に完全寛解しましたが、

腹部のリンパ節を57個郭清、その結果病気前には経験しなかった脚の違和感と

重だるさに悩まされるようになりました。

 

  患者会で相談したところ弾性ストッキングを勧められましたが、どんなものがあるのか

何が自分に適しているのかわかりません。

 

そこで、まず病院の売店に行ったら、商品数が少なく試着もさせてもらえません。                                   店員さんは、弾性ストッキングが何かも知りません。

メーカーを調べて問い合わせると、「わが社のものならご試着いただけます」

でも、当然ながら、他のメーカーとの比較はできません。

患者向け勉強会に参加しようとしたら、「参加資格は、当病院の患者のみ。」

どんなメーカーのどんな製品が自分にあうのか、何をすれば脚の状態を改善できるのか

なかなか情報が得られず悩んでおりました。

 

 ある時、パッとひらめきました。

「そうだ!いろいろな製品を比較して試着してから購入できるお店、患者の悩みを

聞いてくれるお店、ないのなら自分で作ってしまおう!」

そうして生まれたのが“リンパレッツ”です。

 

 私は患者としての経験、様々な会社業務のアドバイスに関わった経験から、

患者とメーカー・商社さんとの情報交換の仲立ちとなり、他のがん種のサバイバーさん

とも協力してサバイバーのQOL(生活の質)の向上をはかることを目指そうと思います。

 

どうかみなさま、歩みを始めた“リンパレッツ”が使命を果たせるよう、リンパレッツを

育ててくださいませ。

 

リンパレッツ代表

 

セシリア 大塚 美絵子