2019年の、主な学界/イベント/勉強会
もしかして、学界は一般人は参加できないと思っていませんか?

実は、多くの学界の一部・または全部が一般人にも公開されています。

また「市民公開講座」を設けている学界もあります。
最新のお役立ち情報を得ることができますので、積極的に参加されることを
お勧めします!

 ************************************************************************************

第43回日本リンパ学会 総会(3月22日、23日@東京池袋)

*************************************************************************************

 第43回総会は「基礎・臨床 不易流行 リンパ学」を
テーマといたしました。「不易流行」は松尾芭蕉の俳諧の
理念の言葉ですが、「不易」はいつまでも変わらない
本質的なこと、「流行」は時代の流れや環境の変化とともに
変わっていくことを意味しています。基礎の分野にも臨床の
分野にも「不易流行」が存在するものと思います。
是非本総会で残し伝えるべきものと新しい知見や進歩を討論
共有し、国内外に発信して頂き、より一層の社会貢献と
医学・医療の発展に寄与できれば幸いです。

(学会会頭 太田先生のご挨拶より抜粋)

***********************************************************************************

World Lymphedema Day JAPAN 2019 (世界リンパ浮腫の日)

日時;2019年3月23日 12:00~16:30

場所;東京 日本橋三井タワー

主催者;リンパカフェ

  

2018年3月3日世界リンパ浮腫デーで挨拶をする

田端聡 リンパカフェ代表

 ************************************************************************************

第三回日本リンパ浮腫学会総会

 会期;2019年3月2日(土)~ 3日(日)

場所;神田明神ホール
〒101-0021 東京都千代田区外神田2-16-2 神田明神文化交流館2F

 会長;宇津木 久仁子

(がん研究会有明病院婦人科副部長/リンパ浮腫治療室長)

 

 3月3日(日) 13:30~15:40

市民公開講座「自分でできることから始めよう ― 栄養管理と運動療法」
司会: 中村 春基  (日本作業療法士協会) 宇津木 久仁子(がん研究会有明病院 婦人科)
「リンパ浮腫患者の栄養管理」(仮)中濱 孝志(がん研究会有明病院 栄養管理部)
「リンパ浮腫患者の運動療法」広瀬 眞奈美(キャンサーフィットネス)

 ************************************************************************************

2019年1月11日(金)16:00~17:30

場所;東京外国語大学府中キャンパス

がんから100kmマラソン復帰

プレゼンター;大久保淳一さん

 100キロマラソンもこなす市民ランナーだった大久保さんは42歳の時にがんを発症
辛い手術・抗がん剤治療をのりこえたと思ったら、合併症の間質性肺炎を発症し
肺機能の1/3を消失、治療終了時は道路を渡るのもやっとというほど衰弱していた

そこから、いかにして復活・社会復帰を遂げ、100キロマラソンでは病気前の記録を更新し、             
そして社会事業家として
多くのがんサバイバーを勇気付ける5yearsを運営するに至ったか
の感動秘話 !
がんサバイバーに、そしてすべての人に「人生にはいつでも何度でもチャンスがある」

というメッセージを受取って欲しい。

 

 ************************************************************************************