がん療養について

がん療養について · 2019/06/14
 「プロ患者」頑張ってオリマス! 本日、HelC+の「がんとお金」の連載  「傷病手当金、患者さんが絶対に押えるべき3つのポイント」   の後編がリリースされました。   今回は*傷病手当金の貯蓄としての性質と*社会的治癒の概念のお話です。 今回の記事は、できれば医療者の方々にお読みいただきたいです。...
がん療養について · 2019/06/08
   先日「プロ患者」なるありがたい称号をいただきました。    また、お世話になっているドクター、亀田総合病院の林先生    からも、ありがたいお褒めのことを頂戴しました。    これからも、いただいた称号、お褒めのことばに恥じぬよう頑張ります。    ・・・という訳で、新しい記事のリリースのお知らせです。...
がん療養について · 2019/05/08
5月8日は世界卵巣がんデーそこでちょっと振り返り 写真は告知後約1ヶ月の洗礼式のものです。(2012年8月) 首周りにほとんど脂肪がないのがおわかりいただけますか? 手も脚もまさに「骨と皮だけ」筋と筋の間に皮膚がおっこちて しまうくらい痩せていました。腹水をぬいたあとの体重は 39キロしかありませんでした。...
がん療養について · 2019/04/24
サバイバー伝授「がんとお金」の第2弾掲載! 今回のテーマは“びっくり退職” 国立がんセンターの「がんと仕事」のシンポでも 3人に一人くらいが告知直後に退職していると報告されました。 どうやら、その多くが、告知による心理的混乱や周囲への(必要以上の) 遠慮から退職しているらしいのです。 しかし「びっくり退職」は是非避けてほしいのです。...
がん療養について · 2018/10/20
疲れがたまって体は動かないものの、口(指)だけは 活発に動いております。 さて・・・ 最近こんな記事が信頼(できそうな)スジから発信されました。 血液1滴で、卵巣がんを98・8%の精度で判別… 国立がん研など成功 Yahoo YomiDr. 金曜日のワイドショーでは、国立がんセンターのDr.(加藤先生)が 人体模型を使ってこの話題をわかりやすく解説!...
がん療養について · 2018/05/31
がんを告知されてから早6年近く、この間一貫して <がん療養とお金>の問題を考えてきました。 というのも・・・ いろいろな給付を受けるのにかなり苦労したからです。 告知されたばかりの頃は治療のことで頭がいっぱい それなのに、健保、民間の医療保険、傷病手当金や失業保険 の処理が一度に身にふりかかってきたからです。...
がん療養について · 2018/04/06
がんに罹患すると、何かとお金がかかります。 病院への支払いは日本の優れた保険制度や療養費限度額などで 思ったほどではありませんが、想像もしなかった周辺的な出費 ーかつら、特殊装具(杖・ストーマ、弾ストなど)、通院のタ クシー代、良質の食材の購入費など-はどんどんふくらみます。 そこで頼りになるのが、生活支援金です。...