· 

がんとお金

がんに罹患すると、何かとお金がかかります。

病院への支払いは日本の優れた保険制度や療養費限度額などで

思ったほどではありませんが、想像もしなかった周辺的な出費

ーかつら、特殊装具(杖・ストーマ、弾ストなど)、通院のタ

クシー代、良質の食材の購入費など-はどんどんふくらみます。

 

そこで頼りになるのが、生活支援金です。

調べてみると、結構いろいろな支援制度が用意されていますが、

各制度の適用要件などが微妙に異なり複雑な上に窓口もバラバラ!
そのため、受給権があったにも関わらずもらい損ねるケースも

少なくありません。特にがん患者は、生死に関わる大問題に直面

しているので、生活支援金の受給にまでなかなか気が回りません。

 

そこで「モチは餅屋」と専門家を頼るのがよいのですが、
医者の専門が細かくわかれるのと同じで、患者サポートの関連も

分野が細かくわかれているのです。いくら有資格者でも「がん療養」

の素人にあたると大変な目に遭ってしまいます。

適切なアドバイザーを見つけるのが、案外と難しいのです。


実は先日、「社会保険受給で困っている患者さんをその分野の

エキスパートにおつなぎできた」という件がありました(エヘン!)
これまで築いてきたネットワークが役にたちました。

(詳しくは拙ブログをご参照ください。)

 

本当に「寄り添う」ためには、患者/サバイバーの直面する問題

に気づき、必要とあらばその分野の専門家につなげる能力が必要と

されるように思います。
リンパレッツでは、患者と医療者、専門家のHUBになろうと

思っています。どうぞ、みなさま、これからもお力添えをお願い

いたします。

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    小渡章好 (金曜日, 06 4月 2018 06:45)

    大塚さん、心強いです。たくさんのサバイバー、ケアギバーの支えになります。お金で困っている人は多いのです。
    お元気で、活動されるよう、お祈りします。